『育児中生活費が足りないです』夫婦揃って働いていましたが、現在私が育児休暇に入っているため生活状況が変わりました




以前は、夫婦揃って働いていましたが、現在私が育児休暇に入っているため生活状況が変わりましたのでご相談させていただきたいと思いこちらに掲載させていただきました。共働きの時は、一人手取りが16万円程度の収入がありました。ほとんどの生活費は、主人の口座から支払っていました。私はとりあえず7万円ほどを主人に渡し、二人の積立やお小遣い、そして生命保険料を支払うようにしていました。育児休暇の手当が、2ヶ月に一度の割合で21万円入ってきます。今までしてきた積立は、先を考えると解約したくありません。貯金も今のまま続けていきたいと思い、主人に生活費として3万円渡しました。すると、主人からお金が少なすぎる、これでは生活ができないと文句を言われてしまいました。主人は会社から営業手当として、年に一回100万円ほど収入があります。営業辞めた時の税金対策として、そのお金には手をつけたくないと言います。そして、ボーナスも当てにしないでと言われ、貯金されてしまい、そのボーナスにも手をを解約したくないようです。文句を言われてしまったため、私の今まで積み立ててきた貯金を崩して生活費として渡すしかないのでしょうか。主人の貯金を崩すのか、それとも私の貯金崩すのかでとても揉めてしまいました。個人的には、私が育児休暇から会社員として働くまで旦那に我慢してほしいと思っているのですが。私のような場合、皆様だったらどのように対処しますでしょうか。様々な意見が欲しいですどうぞよろしくお願いいたします。

回答1

出産をする前に、育児休暇の間のために使う貯金がされてこなかったのでしょうか。もしくは、それに似た積立用のものはないのでしょうか。どのみち、お金がないのであれば、そもそも夫婦なのですから、どちらからお金を出しても同じことだと思います。その先に、離婚がまっているとか、遊ぶお金が欲しいとかいうことでなければ、仕方がないことだし、どちらかが出せばいいのでとても簡単だと思います。このままだと、これから先子供にたくさんお金がかかるので、その度に喧嘩することになりますよ。というか、生活費を15万でやりくりしていることがすごいです。そしてご主人様に渡すお金もやはり少ないのではないのでないでしょうか。貯金をしていると夫婦であっても、これは私のお金という風になってしまう気持ちはわかりますが、その点はあなたのご主人様もきちんとしている性格だと思いますので、一度きちんと話し合いをし、すぐに動かせるお金と動かせない定期を分けてするようにするしかないと思います。もしご主人様が、貯金にこだわるのであれば、貯金はあなたにお任せするね、旅行費とかも貯めていってねとか言ってみてはいかがでしょうか。そもそも、二人ともの給料を両方とも貯金するには厳しすぎる金額だと思います。もう少し、物事を柔軟に考えてみてはどうですか。これは自分、これは主人という風に分けて考えるから話が複雑になると思います。

回答2

個人的な意見になってしまって恐縮ですが、収入の件はご主人様の責任だと思います。男性は女性よりも稼ぐ場所がたくさんあります。女性は働いていても、子供がいたらどうしても出産や子育てなどの仕事とは別の責任が関係してきます。特に妊娠出産の場合は、奥様が期間が経っても働けるかどうかはっきりしないので、無理に働けとも言えないはずです。お金の足りない部分は、ご主人様がどうにかするべきです。どうにかしようと考えなければいけないと思います。男性はそのくらい責任があると思います。私の友人は、仕事を三つして家計に40万円入金している人がいます。特に子供が小学生になってくると、色々とお金が必要になってきます。育児休暇の間でお金が足りないと言っているようだと、先が思いやられると思います。育児休暇の間は、奥様がご主人様の扶養に入ることで税金対策になりますので、どうぞそのようにしたらいいと思います。所得税が下がってくると保育園紐下がってきますよ。

回答3

ご主人様の給料が15万円ということに、かなり驚きを感じています。そのような収入だと、子供が生まれてしまうとお金が足りないことは明白だと思います。はっきり言って、ご主人様はあなたに甘えていると思います。この収入だと生命保険を支払う余裕はありません。しそも、そもそもかけること自体があまり意味がないと思います。この収入で積立している余裕なんて全くありませません。結婚したのだから私の貯金だとかご主人様の貯金だとかそういうの関係ないと思います。もう少し稼げるようになってからする話のような気がします。

回答4

二人して収入が少ないのですから、財布を分ける意味がほぼないと思います。育児休暇を取るまでかなり時間があったはずなのに、その対策を取ってないこと自体がどうしようもないと思います。無計画出会ったことが一番よくなかったのかな。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加