6年後の早期退職希望者に応募して、会社を辞めるつもりです。





44歳の独身女性で、年収は650万円ありま。総資産は、普通貯金が4000万、個人積立の年金が1千万円ほどあります。6年後の早期退職希望者に応募して、会社を辞めるつもりです。両親健在で、実家で生活しています。人生はいろいろなことが起こるので、先のことは分からないと思いますが、私はアーリーリタイアをすることを希望しています。皆それぞれ考えがあると思いますが、私がそのように思うのは仕事が毎日忙しすぎて仕事を辞めたいと思っているからです。色々な意見お待ちしています。

回答1

まず貯金が4000万あるということですね、すごいですね。感心します。不動産収益を10%として考えるのであれば、結構手元に入ってくるのではないでしょうか。それでも、不動産も先が分からないので、自己責任でお願いします。私個人的なお話になりますが、引退は59歳でしました。家賃収入が月100万円ほどあり、年金をもらっていますが、結構ゆとりのある生活を送っています。日本人は、もともと投資に苦手意識がありますので、自信がないのであれば、貯金を切り崩す生活をしていくしかないと思います。住宅にかかる費用と病気などに気をつければそれなりに暮らしていけると思います。

回答2

会社を辞めてしまうのですか、もったいないですね。私個人的には、全然足らないと思います。そのお金で3人やっていけるのでしょうか。人間3人もいれば、葬儀や法事もあります。足らないと思います。

回答3

全く問題ないと思いますよ。自分は46歳の時に4000万でリタイアすることを希望しています。全然問題ないと思いますので、応援しています。リタイア後の生活設計を考えてみてはいかがでしょうか。

回答4

私も早期リタイアを希望していますが、私の目標としている総資産額は、2億円ほどです。そこまで貯めないと、どうしても恐ろしくて退職することができません。必要と思える額は人それぞれなので、色々と計算してみてはいかがでしょうか 。

回答5

全く悪くないと思います。今まできちんと貯金もしてきているので、大丈夫なのではないでしょうか。その他にやっておくこととしては、家計簿をつけてみてはいかがでしょうか。自分は月にいくら使っているかきちんと把握することがまず重要だと思います。その他は家事一般のことだと思います。今までやっていないことをするのですからいろいろ勉強が必要だと思います。

回答6

早期退職と退職金を出して全部で総額いくらになるか、また年金を受け取ることができるまでの間の生活費を賄えるかどうかがポイントだと思います。それは、現在月にかかる生活費から計算すれば分かります。もし仮に、年間200万円かかっているとすれば、65歳までには3000万必要なことになります。国民健康保険料もかかってきますので、そう言ったことも考慮する必要があります。個人的な考えになりますが、1億円あればなんとか現在の生活水準を持続していくことはできるのではないでしょうか。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です