年金で生活していくことになりますが、十分暮らせていけるのでしょうか。





老後の生活費はどのくらいかかるものなのでしょうか。年金で生活していくことになりますが、十分暮らせていけるのでしょうか。最悪生活保護という方法もありますし。よく巷では、年金積立するよりも生活保護の方が生活費が賄えるということを聞きます。皆さんはどのようにお考えですか。皆さんのお考えを教えていただきたいと思います。

回答1

どうにか暮らせていけるということを選ぶのか、老後を豊かに生活したいと思うのかどちらを希望するかで違ってくると思います。私は老後をかに暮らしていきたいので、老後の資金を蓄えたいと思います。

回答2

若い時に我慢して生活するか老後を我慢して生活するかの違いなのではないでしょうか。とはいえ、いつ寿命がやってくるかわからないので、元気で若い時に楽しんでお金を使ってしまうというのも考え方とはしてはあると思います。人それぞれですね。

回答3

余裕のある豊かな暮らしがいいのか、それとも貧しい生活でもいいのかただそれだけのことだと思います。

回答4

あまり豊かでない高齢者の方が言われることが、自分がここまで長生きするとは思っていなかったということです。自分が思うよりも長生きすることは大いにあり得ますので、蓄えが十分に必要な方が安心できるのではないでしょうか。

回答5

年金で暮らすことができるのかという質問ですが、まずはあなたがいくら年金をもらえるかご存知でしょうか。年金の支給は2ヶ月に一回の偶数月です。満額支払っても、40年支払って77万円です。家賃、水道光熱費、食費を支払うと月額7万円でやりくりできるかどうかということです。生活保護のことですが、その前に働けと言われるのがオチです。働けないのであれば子供や家族に扶養してもらってくださいと言われてしまいます。

回答6

年金で生活が事足りるなら、貯金は全く不要だと思います。皆さんそうでないから貯金をしていくんだと思いますけど。

回答7

備えあればうれいなしなので、老後の蓄えはやはり必要だと思います。年金でなんとか暮らせるかどうかという質問に対しては、年金の額とあなたの生活のレベルによることだと思います。生活保護は簡単にもらえると思ってはいけません。この前、新幹線の中で自殺した老人は、若い時にお金を貯金していたそうで、年金は月12万円だったそうです。普通の方よりは少ないかもしれませんが、自殺をするほど低くはないと思いました。そもそも厚生年金の平均受給額が15万から16万ほどです。現在の国の方針としては、健康であれば働くのが普通といった感じです。働くのに年齢制限はありません。

回答7

個人的な考えになってしまいますが、そんなに多くのお金は月に必要ないかもしれませんが、年金もらっても不足する額を補えるくらいの貯金は必要だと思います。年金で暮らせるかどうかという質問ですが、受け取る金額は自分が働いて支払った保険料で決まるものなので、その金額が多くても暮らせない人がいますし、少なくても暮らせる人は暮らせます。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です